考える女性とはてなマーク

「Vラインの毛が下着や水着からはみ出てしまう」「Oラインの剛毛をどうにかしたい」、男女ともにこういったアンダーヘアの悩みを抱えている方は多いですよね。

ケノンなら自宅で人に見られることなくVIO脱毛ができるので、アンダーヘアで悩んでいる方には自分の好きな時に簡単に脱毛できますが効果を実感するまでにどれくらいの期間がかかるのか・VIO脱毛は自宅でも安全に行えるのか、などの疑問を持っている方もいるでしょう。

そこで今回は、ケノンを使ってのVIO脱毛で効果を実感できるまでにかかる期間や回数、そしてVIO脱毛のやり方や注意点などをご紹介します。

そもそもケノンはVIOに使える?

考える女性とはてなマーク

慣れているとはいえ他人にVIOを処理してもらうのは恥ずかしいので、自宅で自分のタイミング脱毛ができるのがケノンの魅力ですが、そもそも家庭用脱毛器であるケノンはVIOでも問題なく脱毛できるのでしょうか?

そこでケノンの口コミの中からVIOに使用した方の口コミを調べてみました。

届いた!

すごく綺麗な色で見た目には満足です!
これから使っていきます!
追記:一回目は当然ですが目に見える効果はありません。ですが、以前使用していた10000円程度の脱毛器に比べて照射間隔が短いです!さらに照射面積も広いので腕、足、顔、脇、VIOに使用しましたが思った以上に早く済みました^^ これなら続けられそうです!

引用元:楽天

毛の量が減りました

1年程前に購入しました。
主にワキ、腕、脚、VIOに使用しています。
全ての部位でレベル10でやっています。よく冷やせば痛みは無いです。VIOは冷やしても痛い時があります。
2~5週間毎に使っていますが、毛の量が減りました。ほぼムダ毛処理をしなくてもよくなり、とても楽になりました。
これからも愛用させていただきます(^_^)

引用元:楽天

効果ありです!

デザインがとても可愛いです!
早速少し使いましたが、ちゃんと10秒冷やせばレベル10でも全然痛くなかったです。
届いたばかりなので、これからまた使ってみて詳しくレビューしたいと思います。
--追記--
レビュー後、すぐに特典のストロングカートリッジが届いたため、プレミアムカートリッジで初めて照射した1週間後に完全自己責任で脇とVIOに再度照射しました。
脇は冷やしたら痛みを感じなかったのでレベル10で照射しました。
VIOは様子を見ながらレベルを上げていき、レベル9で照射しました。
鼠径部付近は皮膚が薄いからか、ほんの少し温かさと軽ーくゴムをパチっとされた感じがありました。痛くはなかったです。
IOはレベル8で試してみて、Iは特に痛くなかったです。Oはちょっと熱いなと感じました。
やはりストロングカートリッジは効果が高いのか、打った直後に丸まっている毛が何本かありました。その毛は2日後に引っ張るとスルッと抜けました。
ケノンを使うにあたって冷やすことが本当に重要だと思います。私は痛みに弱いのですが、冷やせば問題なく使えています(*^^*)
まだ腕足はプレミアムカートリッジのレベル10で1回、VIOはプレミアムカートリッジとストロングカートリッジで計2回しかしていませんがすでに少し効果を感じています
1回照射ごとに数秒の充電時間があってすぐに打てないのでそこがうーんといった感じですが、テレビなどを見ながらまったりパチパチしています。
極度の面倒くさがりですが、毛を無くしたいという気持ちが大きいのでこれからも頑張ります。
また数回使ってから追記します。
--追記--
週一ペースで使い出して1ヶ月が経ちました。
足と腕は伸びるペースも落ち、ツルツルの箇所も出てきました。肩、二の腕、お腹周りなどの白いうぶ毛にはあまり反応しないためまだ触り心地は全体的にツルツルではなくフワフワした感じですが、見た目的には全然黒い毛が目立たないです。
脇は元々5本くらいしか毛が生えてなかったのでストロングカートリッジで3回ほどしたら完全に無くなりました。
Vは結構減ってきましたが、IOの毛は結構しぶといです。ですが、減ってきてはいます。
ここまで早く脱毛効果が出てくれると思わなかったのでとても嬉しいです。これからも使い続けて変化があれば追記します。

引用元:楽天

毛深い私が使った感想

間違いなく人生で1番買ってよかった商品です!
-----
脱毛に行くのもイヤ。
でも毛深いのもイヤ。
毛深いと匂いも気になる。
-----
今まで、剃る抜くしかしなかった私ですが、コンプレックスの塊のスネ毛とお腹とVIOをどうにかしたく、購入しました。
ストロング中心に、脇、足、お腹周り(かなり毛深かった)VIO、1週間に1回ほどの頻度で行いました。
購入して半年たちましたか。
色が白いのもあり、剃った毛根がくっきり見えていたのですが、全く見えなくなりました!
毎日剃らないと目立った毛根も、1週間ほど放置でも全く見えません。
下腹の毛もなくなり、VIOもかなり整いました
-----
高い商品です。
でも、毛深くて悩む人は買うべきです!
私ももっと若い時に買っておけばよかったと思ってます。
-----
カートリッジのストロング、使ううち効果が弱くなってくる?
それとも、毛根が見えないから痛くないのかな。
ガラスが焦げた毛で汚れやすいです。
効果が弱まるのでアルコール入りのシートで拭くといいとのこと。
-----
友人にケノンの事を話したら購入してました。
脱毛に行くより楽だしコスパもいいし、好きな時に空いた時間に出来るのがとてもいいです。

引用元:楽天

2年使っての感想を(夫婦でVIOに使用)

2016年の7月に購入して2年間使い続けています。
私と妻の2人で使いまわしています。
効果ありです。必ず保冷剤で冷やして皮膚を麻痺させてから光を当てましょう
2年使っての効果を記載します
1.口周りはほぼ生えてこない。顎髭は手強くまだ生えてくるがかなり柔らかい毛になり、まばらに生える程度
2.男性のVIO脱毛を自分でしていますが、まばらに生えなくなった部分あり。1/3くらい脱毛成功
。ヘソから下腹部にかけては完全脱毛。袋部分と股下、Oラインにまだ毛が生えてくる
3.妻のVIOは1度完全に成功。脱毛をやめたら数ヶ月して小さい範囲でまた生えてきた。継続する必要あり
4.乳首まわりの脱毛。効果あり。ほぼ生えない。生えているのに気がつけば剃って照射すればいい程度
結果としてエステ店に行くより安上がりになっています。夫婦で使えていますし、夫婦でVIOをすることで、夜の生活での感度が神レベルに違うようになりました
1番感度がある部分が毛によって邪魔されていたのですが、2人ともなくなったことにより感度が数倍にあがり夫婦仲がさらによくなりました
自分のために妻も脱毛してくれているという嬉しさもあります。妻のほうも私に対して同じ気持ちのようです
月に2回の使用を続けています。当てるレベルも2年でだんだん上がってきて、いまではレベル8くらいで当てれています。ミラー付きなので自分一人でVIO脱毛できますが、たまに妻に照射してもらっています
注意点としては
1.必ず保冷剤を当ててから照射すること
2.照射の瞬間は目をつむること
3.黒い色素に反応するため、男性の下腹部や袋、乳首などは茶色がかっているため照射時は痛いためよく冷やすこと

引用元:楽天

VIOに関する口コミの結論

IOラインの脱毛をする際はいつも以上に細心の注意や対策をして、万全の体勢で臨む必要がありますが、実際にVIOの処理にケノンを利用している方は多くいることが分かりました

そして多くの方がケノンの脱毛力を実感しているため、VIOの処理方法としてケノンを選ぶことは賢い選択肢だと言えそうです。

また女性だけでなく男性の利用者も多いことから、ケノンは性別を問わずしっかりとした効果を実感できる脱毛方法ということが分かりますね。

ケノンでVIOを脱毛したらどれくらいの期間で効果が表れる?

ノートとペンを持ちながら考える女性

続いて、ケノンでVIO脱毛した場合、実際にどれくらいの期間や回数がかかるのか見ていきましょう。

Vラインの脱毛にかかる回数と期間

Vラインの毛は男性の髭などと同じように、毛の一本一本が太く毛根も根強いため、個人差はあるにしろかなりの回数と期間がかかると見ておいた方がいいでしょう。

こちらにVラインの脱毛にかかるおおよその回数と期間をまとめたので、参考にしてみてください。

回数・期間 毛の状態
1~5回目(2~3カ月) ほとんど変化なし
6~12回目(3~6カ月) 一部生えてこない毛もあるが、まだ目に見える変化は少ない
13~20回目(7カ月~1年) 毛が少しずつ減ってまばらになり、生えてこない毛が多くなる
21~25回目(1年~) 毛の量がかなり減り、全体的に薄くなってくる
26回目~(1年半~) 自己処理が必要ないほど毛の量が減り、目に見えて効果を実感できる

上記の効果はあくまで公式サイトで推奨されている「2週間に1回」の間隔で脱毛した場合の目安なので、もっと早く効果を実感したい方は、

  • プレミアムカートリッジではなくストロングカートリッジを使う
  • 1週間に1回のペースで照射する

などの工夫をすれば上記の目安よりも早めに効果を実感できるようになります。

IOラインの脱毛にかかる回数と期間

IOラインの脱毛はVラインに比べると毛が薄く毛根も深くないので、比較的早い段階で効果を実感できる可能性が高いですが、それでもツルツルになるレベルまで脱毛するにはそれなりの回数と期間がかかります。

こちらがIOラインの脱毛にかかるおおよその回数と期間です。

回数・期間 毛の状態
1~5回目(2~3カ月) ほとんど変化なし
6~12回目(3~6カ月) 毛が少しずつ減り始め、まばらになってくる
13~20回目(7カ月~1年) 毛の量が減り、生えてくる毛も薄くなってくる
21回目~(1年~) 毛の量がかなり減り、人によっては自己処理が必要なくなる

IOラインは、

  • 目視しづらい
  • Vラインに比べて痛みが大きい

この2つの問題があるのでなかなか効果を実感しづらい部分ではありますが、それでもIOラインを冷蔵庫ではなく冷凍庫で冷やした保冷剤を使ってIOラインをよく冷やすと痛みを和らげられるので、Vラインと同様の「照射ペースは1週間に1回・ストロングカートリッジを使う」などの工夫をすればより早く効果を実感できるでしょう。

VIO脱毛をする際の事前準備

ひらめき

ケノンでVIOの脱毛をする際は、他の部位を脱毛するときよりも、毛の処理や事前準備などをしっかり行う必要があります。

  • ハサミやシェーバーを使って毛を処理しておく
  • 保冷剤を2つ用意する
  • 鏡や絆創膏を準備しておく

では一つずつ詳しく見ていきましょう。

ハサミやシェーバーを使って毛を処理しておく

通常の顔や体の脱毛ならカミソリやシェーバーで毛を剃るだけで準備が終わりますが、特にVラインの毛は長くて太いので、いきなりカミソリやシェーバーを使ってもうまく剃れないことがあります。

その場合はまずハサミを使ってある程度の短さになるまで毛をカットし、そのあとカミソリやシェーバーで毛を剃るといいでしょう。

IOラインは目だけで確認しながら剃るのは難しいので、手鏡などを使って剃り残しのないよう注意してください。

ケノンでの脱毛は1mm程度毛が残っている状態で照射すれば、より高い脱毛効果が期待できるので、脱毛前日の夜までに毛を処理しておくのがおすすめです。

保冷剤を2つ用意する

VIOは皮膚が薄く、男性の髭脱毛などと同じ程度の痛み、特にOラインに関してはそれ以上の痛みを伴う可能性があるので、できるだけ痛みを軽減できるよう、保冷剤を使っていつも以上に入念に脱毛部位を冷やす必要があります。

ケノンを購入すると保冷剤が1つ同封されていますが、VIOを一度にまとめて照射するとなると、保冷剤1つだけでは途中で溶けてしまう場合があるので、100均などで購入できる大きめの保冷剤をもう1つ用意しておくといいですよ。

鏡や絆創膏を準備しておく

ケノンを使って脱毛するのに慣れている人だと、確実に目で照射部位を確認できる箇所なら鏡を使わずに脱毛する人もいるかもしれませんが、VIOに関しては目では照射部位を確認しづらいので、しゃがんで見ることのできるサイズの鏡を忘れずに用意しておいてください。

また、肛門など粘膜部分を隠して照射できるよう、絆創膏や厚めのカラーテープなども準備しておくと安心ですね。

V・I・Oそれぞれの部位別の使い方

3種類の水着

VIO脱毛は他の部位と違い目に見えない部分もあり、さらに粘膜などのデリケートな箇所もあるので、ケノンを照射する際にはいくつかポイントが必要になってきます。

ここからは、ケノンを使ったV・I・Oラインそれぞれの脱毛のやり方やポイントをご紹介します。

Vライン脱毛のやり方

Vラインの脱毛は通常の他の部位と同じように照射を行って問題ありませんが、上記でも記述したようにVラインの毛は一本一本が太く毛根も深いので、照射したときにかなりの痛みを伴うため、

  • 保冷剤で照射する箇所の感覚がなくなるまでよく冷やす
  • まずは弱めの照射レベルから始めて、問題がなさそうなら徐々に照射レベルを上げていく

こういった基本的な注意点を守りながら、なるだけ肌に負担をかけないよう正しい脱毛方法で照射していきましょう。

また、もう一つのポイントとして、Vライン脱毛をしたいと考えている人の中でも、

  • 下着や水着からはみ出さない程度に軽く整えたい
  • 毛の量を減らしながら好みにデザインになるよう形を整えたい
  • 全体的に毛の量を減らしたい

など、特に男性だとVラインが剛毛のため少し毛量を減らしたい、女性だと綺麗な形に整えたい等、人によってVライン脱毛の目的も様々なので、自分がどの程度の脱毛をしたいのかを考慮し、経過を見ながら脱毛の回数やペースを調整する必要があります。

ただ基本的にVラインはそれほど難しくはないので「良く冷やすこと、どの程度処理するか」を念頭に置きながら照射してください。

Iライン脱毛のやり方

Iラインの毛はVラインに比べると比較的細くやわらかいですが、皮膚が薄い分それなりの痛みを伴うので、Vライン同様しっかりと保冷剤で冷やしてから照射してください。

Iライン脱毛は目でそのままのぞき込むだけでは脱毛部位を確認しづらいので、

  • しゃがんだ体勢
  • 体育座り

このような恰好で、手鏡などを使いながら行えば楽に脱毛できるようになりますし、また、体育座りでやるときは壁にももれかかって体勢を安定させれば、より楽な姿勢で脱毛できるでしょう。

ただ男性と違って女性は粘膜部分に光が当たらないように注意しなければなりません。

陰部のみを隠せる形状のショーツなどがあれば、部分的に光が当たらないようにできるのですが、楽天やネット通販などで探せば1,000以内の低価格商品などもあるので、持っていない方はIラインの脱毛用として1枚購入しておいてもいいかもしれませんね。

購入する際は光が漏れないように、スケていないしっかりした材質のものを選びましょう。

Oライン脱毛のやり方

Oラインの脱毛ですが、こちらは男女ともに皮膚が薄く肛門が近くにあり、さらにVIOの中でも特に照射しづらく難易度の高い箇所なので、十分な注意をはらいながら脱毛を行う必要があります。

ケノンの光が当たらないよう、肛門部分は絆創膏や厚めのカラーテープで隠しておくと照射位置をその都度確認する手間が無くなるのでOライン脱毛の難易度が一気に下がります

やり方としては手鏡などを床に置いてしゃがんだ状態になり、鏡を見ながら照射していくのが一番やりやすくおすすめ。

Oラインの毛は、特に男性だと毛が太く剛毛なことが多いため痛みもかなり強いので、照射レベルは他の部位と同様に弱めのレベルから始め、徐々に照射レベルを上げていきましょう

Oラインの脱毛は手間もかかり痛みも伴いますが排せつ物が付着しづらくなるので、特に女性の場合はIOラインを処理すると膀胱炎の予防にもなるため、面倒だと思ってもIOラインは脱毛しておいた方受けるメリットも大きくなります。

ケノンを使ってより効果的にVIO脱毛をするためのポイント

ケノンを使ってVIO脱毛をする際のやり方を解説しましたが、さらに効果的にVIO脱毛をするためのポイントを2つご紹介します。

早く効果を実感したいならストロングカートリッジを使おう

ストロングカートリッジ

ケノンには初回の購入時に本体とセットで付いてくる、

  • プレミアムカートリッジ
  • エクストララージカートリッジ
  • 美顔カートリッジ

の他に、ケノンを購入したあとにレビューを投稿することで、無料で送付してもらえるストロングカートリッジというものがあります。

ケノンのカートリッジの中でもストロングカートリッジは最も照射威力が強く、脱毛効果を早く実感したいならストロングカートリッジを使用するのがおすすめです。

ストロングカートリッジは威力が強い反面、照射面積が他のカートリッジよりも小さいですが、IOラインは照射箇所の面積がそれほど広くなくデリケートな部分で、慎重な照射が必要になってくるため、照射面積の小さいストロングカートリッジの方がやりやすいかもしれません。

ただし、VIOの脱毛はストロングカートリッジだと強い痛みを感じるため、痛みに耐えられそうにない場合や肌トラブルなどが見られるときは、無理をせずにプレミアムカートリッジなどを使いましょう。

可能であれば照射レベル10、ショット数は1に設定

早く効果を実感したいならストロングカートリッジを使うことを薦めましたが、痛みに強い方・肌トラブルなどの問題がない方は、さらに照射レベルをMAXの10・そしてショット数は1に設定してみましょう。

ショット数は1回・3回・6回の中から自由に設定することもでき、ショット数が多ければそのぶん脱毛効果が高くなると思っている方も多くいますが、実はケノンに関してはショット数が多くなれば照射威力が上がるというわけではなく、3回・6回ショットは威力をそれぞれ分散させ数回に分けて照射しているだけなので、合計での照射威力はどれも同じです。

照射威力は同じなのですが、3回・6回ショットはその回数に応じでカートリッジも多く消耗するため、照射レベルを一番威力の強いレベル10・ショット数を1に設定することが、ケノンの脱毛効果を最大限に発揮し効果的に脱毛を行うベストな方法です。

ケノンでVIO脱毛をする時の注意点

注意点の文字と指差し棒

ケノンでVIOを脱毛をする上で、注意しておくべきポイントを3つご紹介します。

無理は禁物!最初は弱めの照射レベルから

早く効果を実感したい気持ちもあっても、いきなり強めの照射レベルから始めて肌トラブルなどを起こしてしまっては元も子もないので、まずは弱めの照射レベルから始めて、問題がなさそうなら徐々にレベルを上げるようにしましょう。

また、Vラインの脱毛に関しては肌の強い方・痛みに耐えられる方であれば照射レベルをMAXのレベル10にするのがベストですが、粘膜が近くにあるIOラインの脱毛は、決して無理はせず、肌トラブルが起きないことを確認してからレベルを上げてください。

照射の前後に保冷剤で入念に冷やす

男性の髭の脱毛なども照射時はかなりの痛みを伴いますが、VIOラインは髭以上に強い痛みを感じる部位なので、いつも以上に入念に、肌の感覚がなくなるまでしっかりと保冷剤で照射部位を冷やしてから照射していきましょう。

脱毛後の赤みや痛みが長引かないよう、照射前だけでなく照射後もしっかりと肌を冷やして保湿を行うこともお忘れなく。

鏡を使ってほくろやシミがないかもチェックする

こちらは脱毛初心者の方が意外と見落としがちな注意点ですが、照射部位にほくろやシミがあると、ケノンが毛だけでなくほくろやシミのメラニン組織に反応してしまい、肌荒れなどを引き起こしてしまう恐れがあります。

そのため、事前に鏡を使ってほくろやシミがないかをチェックし、もしあった場合はシールや絆創膏でその部分を隠しながら照射を行いましょう。

最新バージョンを使う

ケノンの最新型は旧式(Ver4.1など)よりもコンデンサの数が増えています。

コンデンサ数はケノンの威力に関するもので、新型は旧型に比べて25%ほど威力がたかくなっているため、VIOのような毛が太く頑丈な部位を脱毛するには最新モデルを使うと効果を実感するまでの期間の短縮になるんです。

まとめ

ケノンでVIO脱毛の効果が表れるまでの期間は使用するカートリッジや照射期間、ショット数によって異なりますが、半年は使い続けなければある程度の効果を実感することができません。

期間を短縮するためには、

  • ストロングカートリッジを使う
  • 1週間に1回照射する
  • 照射レベルは10に設定
  • ショット数は1に設定

このような工夫をすればVIO脱毛にかかる期間を短くすることができます。

ケノンなら人に見られることなく自宅で気軽にVIO脱毛ができるため、アンダーヘアの悩みを抱えている人にはもってこいの方法ですが、他の部位とは違い粘膜が近くにある部位なので、正しいやり方や注意点をしっかり把握した上で脱毛を行うことが大切です。

肌トラブルなどを起こさないよう注意して安全なやり方でケノンを使い、アンダーヘアの悩みから解放されましょう。

自宅で本宅脱毛と美顔がなんと1台で!「ケノン」

おすすめの記事